お役立ち情報

足がつるならバナナを食べるべし!?

バナナについて

バナナについて

バナナはスーパーやコンビニでも安価で購入できる、身近なフルーツの1つですから、皆さんも良くご存じかと思いますが、一応、バナナの基本情報から紹介します。

バナナの主な生産地は、インド、フィリピン、中国、エクアドル、ブラジル、インドネシアとなっています。日本では、フィリピンやインドネシア産のものをよく見かけますが、世界的に見るとインドが世界第1位の生産量となっています。インド産のバナナが第1位というのは意外な気もしますが、インド産のバナナは国内で消費するために生産されているので、日本で見かけないのです。生産量は2位のフィリピンの3倍以上となっており、インドの人々がバナナをよく食することが分かります。

足がつる人にバナナが効果あり?

足がつる人にバナナが効果あり?

足がつることの予防や解消方法として「バナナを食べると良い」と聞いたことがあるかもしれません。その理由はバナナのある栄養素のおかげ。

もちろん、お薬ではないですからバナナを食べれば足をつらなくなる!というよな即効性があるとは言えません。しかし、身体に不足しているある栄養素をバナナで補うことで今よりも改善することはできるでしょう。

よく足をつってしまう方は「ある栄養素」が足りていない可能性があります。それがバナナに含まれているため

足がつる=バナナを食べる

というように言われるようになりました。さて、その「ある栄養素」とは・・?

足のつり改善に必要な栄養素とバナナの栄養素

ある栄養素とは「カリウム・マグネシウム・カルシウム」のミネラル類です。これらが体に不足していると、足をつりやすくなってしまう心配があります。バナナに含まれている栄養と比較してみましょう。

カリウム

バナナには100gあたり360㎎のカリウムが含まれています。カリウムには、筋肉の収縮バランスを調整したり、体内のナトリウム(塩分)バランスを調整したりと、体内には欠かせない栄養素です。不足すると筋力が低下したり、腸がまひしたりと欠乏症状が現れます。

普段からカリウムを摂取することで足がつることを予防するだけでなく、疲労回復、高血圧の予防など健康面での効果も高いので、不足しないように気を付けましょう。

マグネシウム

バナナ100gあたり32㎎のマグネシウムが含まれています。マグネシウムは、下剤に使われていることで知られていますが、これは筋肉を緩める動作に関係する栄養素だからです。バナナにはマグネシウムが豊富に含まれていますから、足のつりの改善にバナナが有効だと言われているのです。気を付けたいのは、筋肉を緩めるマグネシウムを摂ったら、筋肉を収縮させるカルシウムもバランスよく摂る必要があるという点です。

カルシウム

バナナ100gあたり6㎎のカルシウムが含まれています。カルシウム量に関して言えばバナナにはあまり期待はできません。しかし、牛乳やヨーグルトといったカルシウムが豊富な食べ物との相性はバッチリ!足の釣りを改善するためにバナナを食べるときはこれらの食材と組み合わせて食べるようにしましょう。

このほかバナナは、リンやカロテン、葉酸、食物繊維などが含まれている栄養価の高い果物です。

1日で必要なカリウム、マグネシウムの量

私たちが必要とするカリウムやマグネシウムの量はどのくらいなのでしょうか?そして、その量はバナナをどのくらい食べると摂取できるのでしょうか?

カリウム

1日に必要なカリウムの量は、病気の予防を考えると成人男性目標量は3,000mg、成人女性は2,600㎎です。この量は、平均的なバナナが1本あたり140gなので、360×1.4=504であり、約500㎎のカリウムが含まれています。ということは、男性であれば1日6本のバナナ、女性であれば5本のバナナを食べれば賄えます。

マグネシウム

1日に必要なマグネシウムの量は、成人であれば350㎎と言われています。この量は、バナナに換算すると32×1.4=44.8であり、平均的なバナナに約45㎎のマグネシウムが含まれています。ということは、約8本のバナナを食べれば賄える計算になります。

上記のことから言えることは、バナナだけで1日に必要なカリウムやマグネシウムを補うのは難しいということです。あくまでもバナナは補助的な役割として捉えましょう。

食生活がうまく改善できない場合には、サプリメントもおすすめです。足のつりに有効なサプリメントの選び方や、おすすめのサプリメントを下記記事へまとめていますので参考にしてみてください。

足がつるサプリの選び方

足がつるならバナナを食べるべし!まとめ

足がつるならバナナを食べるべし!まとめ

バナナは栄養価が高く、持ち運びもしやすいので空腹を満たすためには重宝される果物です。しかし、バナナだけで、足がつる人に不足していると言われているカリウムやマグネシウムを賄おうとすると約8本を毎日食べなければなりません。

バナナは高カロリーですから、この量はあまり現実的ではありません。バナナはミネラルを補うための「補助」としてとり入れ、普段の食事の見直しが必要です。足りない分は、サプリメントなどで補ってもいいでしょう。

もちろん、バナナは糖質も高く、カロリーもあることから、スポーツをしている人にとっては最適な果物なのかもしれません。1年中手に入れることもできますし、価格も安定しています。小腹がすいたときなどに活用することをお勧めしたいですね。

 

足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ!

足がつるサプリ人気ランキング>>

ページの先頭へ戻る