効果的な栄養素

カリウム

そもそも、カリウムってどんなもの?

体内には生きるうえで必要なビタミンとしてカリウムという電解質があります。通常は体の中には200gほどあり、単体だけではなくタンパク質と結合したりリン酸塩という名で細胞の内液や外液に存在しています。そんなカリウムの体内での働きの1つとして、体内の水分を一定に保つ作用があります。これをまずは具体的に説明します。人の体は沢山の細胞と水分によって形作られています。そんな細胞の回りにはカリウムが自由に行き来できるチャネルというものが存在しており、そこをうまくバランスを取りながら、脱水症状を引き起こさないようにしています。また、その際にカリウムと共に重要な働きをするのがナトリウムとなります。今回はカリウムの話がメインとなりますのでナトリウムの話は避けますが、この二つの電解質によってうまくバランスをとっており、そのことによって脱水症状が起きないようにしています。そのため、食事などによりカリウムを摂取する場合にはナトリウムとのバランスも十分に考慮しなければなりません。また、筋肉や神経のバランスをうまく調整しています。そのことにより、筋肉の収縮のバランスを調整する作用も持っています。体内からカリウムが低下してくると、高血圧、疲労、筋力低下、神経機能低下、不安・抑うつなどと言った病気や症状が起きてきます。なので、自覚症状として疲れやすい、体がだるい、気力がでないという人がいましたら、カリウム不足、すなわち低カリウム血症を疑う必要もでてきます。また、状態がひどい場合には筋力の低下に伴う筋無力症に陥ったり、腸が麻痺して腸閉塞症になることもありまし、その他にも、尿細管の変性を起こし、腎炎を引き起こすこともあります。では、カリウムと足のつりがどの様に絡んでくるのかを少しお話したいと思います。さきほども少し話をしたとおり、カリウムが足りないとナトリウムとのバランスも悪くなってきます。そうすることにより、体内水分量のバランスを損ない、それに伴い筋肉が正常に機能できなくなり、最悪痙攣が起きて来る可能性もあります。結局はこのような作用が大きな原因となり、足のつりという症状に関連してくるのです。

カリウムをとって予防しよう

どのように予防もしくは不足しがちなカリウムを補っていけばいいのでしょうか?それはやはり食べ物からなるべく摂取していくことがおすすめです。ここ最近で流行っているバナナダイエットなどあるように、バナナにはカリウムが比較的多く入っています。それ以外には大豆、インゲン豆、ヒジキなどに比較的多くの量が含まれています。その他では果物であったり、野菜に多く含まれています。なので、実だくさんの汁やスープは非常に効果的であると言えるでしょう。また、最近ではカリウムを多く含んでいるサプリメントも沢山販売されていますので、その辺りを利用されても予防につなげることができます。ただし、カリウムを摂取すれば、体内の機能的には問題ないのかというとそうではありません。カリウムには非常に仲のよいパートナーがいます。それはナトリウムです。つまり、カリウムが足りていないからそちらだけをしっかりと補っていても、ナトリウムもバランスよく補ってあげなければ、体内でのバランスがよくなりません。そうすると、結局、カリウムが不足しているのに足がつると言う症状が出ており治療しようとしたに関わらず、他の電解質のバランスが壊れてしまい余計調子が悪くなってしまったり、その他の病気にかかってしまう可能性もあるので、十分に注意が必要になります。ちなみに、最近の食品では加工品が比較的増えてきているためカリウムが十分に含まれている一方で、食品添加物や調味料なども大量に含まれていることを覚えておきましょう。そこに含まれている安息香酸ナトリウムや亜硝酸ナトリウム、調味料のL-グルタミン酸ナトリウムからもナトリウムが摂れてしまいますので、それなりの注意が必要となります。

カリウムを摂るうえで注意することは

カリウムとは多量に摂りすぎると、心臓に影響してしまう可能性もあるものです。なので、心臓に何かしらの異常がある方は医師と相談のうえで摂ることをお勧めします。また、カリウムとは医薬品にも現存しています。その医薬品の説明書には、カリウムを医薬品で飲んでいる人は定期的な検査が必要であったり、妊婦や小児への注意喚起が促してあったりと、やはり注意が必要なものとなっています。

まとめ

カリウムは1日あたり、成人男性で3000mg、成人女性で2600mg摂取することが推奨されていますので、先ほどのデータをしっかりと確認しながら、自分がどれくらいのカリウムを摂取しているのかを照らし合わせる必要はあります。なかなか、医療従事者でない限り、カリウムという物質は聞き慣れない部分はあるかもしれません。医療の現場でもカリウムといったら心臓というイメージも強いものとなりますが、実際にはこの電解質も足のつりに関連しているのです。これは少なくても、逆に多量に摂ってしまっても解説したとおり少し危ない部分のある電解質となりますので、十分に気をつけて摂取し、足のつりへの予防へと繋げていきましょう

 

足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ!
足がつるサプリ人気ランキング>>

ページの先頭へ戻る