お役立ち情報

足がつることが長時間続く!?なかなか治らないときの対処法

足がつることが長時間続くときにはどのように対処したらよいのでしょうか。

足がつるということでよくひとくくりにされますが、実際に足がつる場所や時間を考えてもそれぞれ違いがあります。ほんの少しの短い時間で足のつりが解消される場合もありますし、長時間続くことも。今回は長時間続くときの対処法についてご紹介します。

長時間とはどのくらい?

まずは、この問題です。長時間というのはどのくらいの時間を指すのでしょうか。これはそれぞれ取り方に個人差があります。数分程度の足のつりであっても、それがその人に大きな苦痛であれば長くも感じるでしょうし、慣れてしまえば15分くらいでも何ともないという人もいます。

ここでは、明確に○○分以上が長時間と定めることはせずに、それぞれの感じ方で長時間であれば長時間ということで話を進めて行きます。

足がつった!どうする?

まさに今、足がつってしまったというとき、私たちはどうしたらよいのでしょうか。どの場所がつったとしても、まずは慌てずに気持ちを落ち着けてリラックスすることが大切です。リラックスすることで、症状を緩和させる効果があります。深呼吸をして落ち着きましょう。

<足そのものがつった場合>

楽な姿勢を見つけて、つった場所をゆっくりストレッチする。少し負荷をかけていく。この動きをゆっくり行います。足のつりが治まったらゆっくりマッサージを行います。

<ふくらはぎがつった場合>

足がつったときには、壁に足の裏を当てて、足の指をつまんで自分の方に引き寄せます。この動きをゆっくり行います。激しく行うと肉離れを起こすこともあるので、ゆっくり行ってください。

<薬に頼る場合>

足がつったときの薬として、「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」があります。薬の場合は漢方薬が主流となるので、体には安心です。効き目は、足のつりが起きて1時間以内に大半が落ち着くと言われています。状況によっては、それ以上の時間足のつりが治まらないということです。薬に言えることは、足のつりが起きたときにそれを治す効果があるものであり、足のつりそのものを起こさせないようにするものではないということです。

いくつかのメーカーから発売されており、使っている漢方は概ね同じです。子供でも飲めるタイプもあれば、ある程度大きくならないと飲めないタイプとに分かれます。

足のつりに関して言えることは、上記のような足のつりが起きたときにどうするか?ということも大切ですが、いかに足のつりを起こさせないことが重要かと思われます。自宅であればまだしも、外出先で足がつってしまうといろんな意味で大変です。

足のつりそのものをストップさせる

足のつりそのものをストップさせることが重要です。足がつることが全くなければ、慌てることもありません。足がつることをストップさせるために必要なことを見て行きましょう。

<ミネラルやビタミンを補給する>

足のつりがミネラル不足やビタミンB群の不足で起こるということからも明らかです。毎日これらの栄養素を摂取しなければなりません。基本的に、多品目の食事を摂ればミネラルやビタミンを補給することはできると思われますが、小食の人やダイエット中の人はハードルが高いでしょう。

また、毎日となると自炊の必要性も出て来ます。外食やコンビニ弁当などでは十分なミネラルやビタミンの摂取は難しいように思います。サプリメントなどを摂ることで、これらを手軽に補うことも可能です。

足がつるサプリの選び方

<血行を良くする>

足がつる人は血行が悪い人が多く、下半身が冷えている人が多いのです。血行を良くするだけで、足のつりの頻度が治まったという話もあります。マッサージやストレッチをしたり、白湯を飲んだり、半身浴をするのもおすすめです。手足が冷えないように靴下を重ね履きするのも良いでしょう。

<水分を補給する>

私たちが思っている以上に、体の中は乾いています。特に喉が渇いたとならなくても、水分を摂取するようにしましょう。特に寝ている間に足がつるという人は、寝る前にコップ1杯の水を飲むようにしましょう。

<適度な運動をする>

足のつりは筋肉に症状が出ます。足のつりは運動をしない人、運動をし過ぎる人といった極端な人に起きるものです。毎日適度に筋肉を使うことが大切ですが、運動のし過ぎで足がつるという人は運動量そのものを見直した方が良さそうです。また、運動中に汗をかきすぎるのも足がつりやすくなります。イオン飲料などでミネラルと水分を同時に補給するようにしましょう。
足がつる原因を見ていくと、長時間の足のつりには起きたときの解決策よりも、起きないようにすることが大事であると分かります。原因として説明した上から2つのことがらに関しては、専用のサプリメントを使うことで解決することが可能です。

足がつることが長時間続くときの対処法まとめ

足がつることが長時間続くときには、足がつったときの対処法を心得ておくことが必要です。足がつったときに服用する芍薬甘草湯という漢方薬もあります。これらのことを踏まえながら、足のつりを起こさせないために原因を明らかにすることが必要です。原因の多くは、専用のサプリメントで対応できるので、このようなものを利用してみてもいいでしょう。

 

足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ!

足がつるサプリ人気ランキング>>

ページの先頭へ戻る