予防

足がつらないためにやっておきたいこと

日頃からできるどのような予防方法があるのでしょうか?

サプリメントや漢方を飲む

足がつる予防策としてサプリメントや漢方薬の服用をする人もいます。サプリメントなら、マグネシウムカルシウムといったミネラルが含まれているものがオススメです。また、抗酸化作用があり、血行不良を改善する効果があるビタミンEやB群の摂取も効果的です。 昔から、足がつる症状を改善することで有名な漢方薬として「芍薬甘草湯」が挙げられます。足の筋肉の緊張や異常な収縮を抑制してくれる効果があります。漢方薬は、西洋医学のお薬よりも副作用が少なく、根本的な体質改善ができるので、オススメです。ただ、注意すべき点は、現在、治療中の人です。特定の疾病がある、治療中の病気がある方は、予めかかりつけ医に相談して、指示の元で服用することが必要になります。

水分補給

体の中の水分が足りないと、血の巡りが悪くなります。血行が悪くなると、冷え性になり、結果、足がつりやすい状態になります。血行が良くなると、基礎体温が上がり、体の免疫力アップにも繋がります。また、日頃から水分補給をこまめに行うことは、足がつる症状を回避するだけでなく、リンパの流れを良くして、むくみにくい体になる老廃物を出しやすくして、体内がいつも綺麗な状態に保てるといった効果にも繋がります。水分ならどれでもというわけではありません。お勧めは常温のミネラルウオーターや、白湯です。ミネラルウオーターは、水分と同時にミネラルも摂れます。毎朝1杯の白湯は、内蔵を温め、代謝もアップするので、是非毎朝の習慣に取り入れてみましょう。

ストレッチ&マッサージ

体を柔らかくすると、血行促進に繋がり、結果、足がつりにくい体になります。プロスポーツ選手が、運動後のストレッチや定期的なマッサージを大切にしている、ということからも、良い筋肉作りには、ストレッチで筋肉をほぐし、マッサージで体のケアを行う、ということは、理にかなっていることなんですね。ストレッチをするポイントは、ゆっくり筋肉を伸ばす、ということです。急激に筋肉を伸ばすと、逆に痛めてしまう可能性もあります。ゆっくり時間をかけて伸ばしてあげましょう。マッサージでは、不調を確認し、ケアできるメリットもあります。今日は首が曲がりにくい、とか、左に曲げると良いけど、右に曲げると腰が痛い、といった体の声を聞きながら、マッサージをすることによって、根本的な体質改善にも繋がり、一石二鳥です。

食事

足がつる原因の一つは、栄養不足です。特にカルシウムカリウムマグネシウムといったミネラルの不足で足がつることになります。最近の私たち日本人の食生活を見てみると、脂質や糖質が増え、ミネラルは不足している傾向にあります。また塩分は日本食に多く使われているので、昔から多い傾向に。ミネラル分の不足は、体に不調が出てくる他にも、骨がスポンジ状になってしまう骨粗しょう症といった病気を引き起こすことにもつながります。特に閉経後の女性にとっては、この骨粗しょう症は深刻な問題です。カリウムは果物や生野菜に豊富に含まれており、カルシウムは魚や牛乳などに多く含まれています。「健康は一日にしてならず」と心得て、バランスの良い食生活を心がけましょう

足を温める

血行不良によって足がつることを考えてみると、足がつることの予防策として足を温めるというのは、直球の対処方法と言えます。足を効果的に温める方法として、昔からあるのは、「足湯」です。温泉の足湯なんてもう最高なんですが、毎日温泉に行くわけにも行きませんので、家で簡単に出来る方法をご紹介します。 足湯専用の機械があると便利ですが、単純に、洗面器にお湯を張って足をつけるだけでも充分効果があります。ただ、一般的な洗面器は片足しか入らないものが多いので、広めのバケツのようなものがあると便利です。お湯は入れると、温度が下がっていきますので、途中でお湯を足すのがオススメです。アロマオイルをお湯に数滴入れると、リラックス効果抜群です。

 

足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ!
足がつるサプリ人気ランキング>>

ページの先頭へ戻る