予防

運動中に足がつらないための予防

どのような予防方法があるのでしょうか?

運動前

運動前に出来る、足がつらないための予防策としては、水分を摂っておくことと、準備運動をしっかりすることです。運動中は、汗をかきますので、体の水分が、日常生活以上に失われます。始まる前に、水分補給をしておくことは大切です。ただ、飲み過ぎて動きにくくなるといけませんから、一口か二口にしておきましょう。準備運動なしで、急に激しい運動を行うと、筋肉が突然収縮し、足がつりやすい状態になります。準備運動(ストレッチ)をしっかりしておくことは、足がつることを防ぐ以外にも、質の良い筋肉を作ったり、効率良く脂肪を燃焼する上でも重要です。ストレッチや準備運動は、運動の前後で必ず行い、足がつったり怪我がないようにしたいものです。

運動中

運動中に足がつらないようにするには、こまめに水分補給をすることが大切です。水分不足は血行が悪くなり、足がつりやすい状況になりますので、運動の途中途中で、適宜水分補給を行うのが大切です。一度に大量に飲むよりも、こまめに少量ずつ飲むほうが、効率良く体に吸収されます。一度に大量に飲むと、体のエネルギーは、運動すること以外に、体に吸収することに使われますので、こまめに飲む方がオススメです。体に効率よく吸収されるのは、スポーツドリンクやイオン飲料です。体の中の水分に近い状態の水分ですので、早く吸収されます。ただ、これらのドリンク類には糖分が含まれているため、一度に大量に摂取をしないなど、飲み方には注意が必要です。

運動後

運動後に出来る、足がつらないための予防策としては、3つ挙げられます。まず、ストレッチを充分行うということです。運動後の筋肉は一時的に固くなっています。これをほぐして柔らかくすることによって、血流が良くなり、結果、足がつりにくくなります。柔らかい質の良い筋肉にしておくと、基礎代謝も上がりダイエットにも効果的です。また、血行が良くなると基礎体温もあがりますので、免疫力もアップすると良いことずくめです。次に、水分を摂っておくということです。血行が良くなっても、血流の元になる水分がなければ意味がありません。最後に、休養をしっかり取るということです。筋肉疲労は足がつる原因にもなりますので、運動後には、しっかりと筋肉を休めておくことが大切です。

 

足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ!
足がつるサプリ人気ランキング>>

ページの先頭へ戻る