お役立ち情報

足がつるのが同じ場所ばかり・・理由はあるの?

足がつるのがいつも同じ場所という人、そうでない人(あちこちがつる)という人がいます。どうして同じ場所ばかりがつるのでしょうか?実は、同じ場所ばかりがつるというのは理由があるようです。いくつかある理由について紹介します。中には病気に関するものもあるので知っておいて損はないですよ!
足がつる 同じ場所1

同じ場所がつる理由

足がつるときに、例えば「右足のふくらはぎばかりがつる」とか、「左足ばかりがつる」というように、同じ場所がつるという人がいます。あ、またか・・・と慣れやすい反面、どうして同じ場所ばかり?という不安も出てきます。

一般的には、同じ場所ばかりがつるということはそう多くないことであり、何らかの理由がある場合がほとんどです。

<軸足がつる>

私たちは、利き足と軸足というものがあります。手を使う時に、「右利き」とか「左利き」があるように、足にもそのような利き足というものがあります。手のようには意識していないことがほとんどと言えます。

利き足と軸足が同じ足ということはありません。軸足はつい体重をかけてしまいがちな足の方です。気が付いたら、右足に体重をかけているとか左に傾いているとか、それぞれ足に関する何らかの傾向のようなものがあります。このように体重をかけられる足の方が軸足です。自分では気が付いていない場合もあるようです。

軸足は体重がかかっていることが多いので、どうしてもつりやすいと言えます。軸足はそれだけ使われているので筋肉疲労も起こしやすいです。そのためつってしまうのです。ですから、軸足に気が付いている人はあまり片方の足に負担をかけないようにした方がいいのかもしれません。足の健康を考えても、片方に重心をかけることがあまり良い事でないのは確かです。両方の足に同じような負担をかけるようにしたいものです。

<病気の可能性>

「閉塞性動脈硬化症」という病気をご存じでしょうか。病名から見ても、ちょっと怖いイメージがありますが、この病気のときに片方の足ばかりがつるということがあります。この病気かどうかを調べる簡単な方法がありますから、気になる人は調べてみることをお勧めします。

  1. まず、仰向けに寝ます。両足を斜め45度くらいにあげます。その状態で足首を曲げたり伸ばしたりを何度か繰り返します。
  2. それを繰り返してるうちに、どちらかの足だけが血の気の引いた蒼白した状態になれば、その足に閉塞性動脈硬化症が起きている可能性があります。

このほかにも、片方だけつる足に痛みが続くとか、少し歩いただけで痛みを感じるという場合も、この病気の可能性があります。
足がつる 同じ場所2

<スポーツによるもの>

スポーツのし過ぎで筋肉に疲労が溜まってしまい、それが理由で足がつるという人もいるでしょう。主に、サッカーで足をつる場合はボールを蹴る足のことが多いように、よく使う方の足であることが多いのです。スポーツ時は、水分補給とミネラル補給ができるイオン飲料を飲むことをお忘れなく。これらの飲み物は、水分とミネラルが同時に摂取できる大変便利な飲料です。

同じ場所がつらないようにするために

同じ場所がつるというのも、その足ばかりに負担が掛かることからできれば避けたいことです。しかし、できれば足がつるということそのものが無い方がいいに決まっています。

足がつらないようにするためにできる方法を紹介します。

ミネラルの補給

マグネシウムやカルシウム、カリウムを補給する。

ビタミンB群の補給

筋肉疲労を解消させる効果があり、神経系のシステムが正常に働かせる効果があります。

水分の補給

水分不足により足がつりやすくなります。夏場や寝る前、スポーツの前には水分補給をしましょう。

血行を良くする

血行不良の人、冬場には血のめぐりが悪くなって足がつりやすくなります。簡単なストレッチ、マッサージなどを行って血行を良くしましょう。寒い時期には防寒に努めましょう。

運動不足を解消する、運動のし過ぎに注意する

運動は不足してもし過ぎてもダメだと言われていますが、どちらも足がつることに関係しています。普段よりもはるかに足を使った日には足がつりやすくなるので、疲労を回復するようにしましょう。ミネラルやビタミンの補給、マッサージなどがお勧めです。
足がつる 同じ場所3

足がつるのが同じ場所って理由があるの?まとめ

足がつるのが同じ場所ということは何らかの理由がありますが、軸足がつるということが多いようです。しかし、病気の可能性も否定できないので注意深く見守って行きましょう。足がつることそのものを起こさせないことが大切であり、予防するための方法はいくつかあるので、実践して行くようにしましょう。

普段よりも足の疲労があるという日は基本的に危険です。寝る前までに疲労を回復するように心がけましょう。ミネラルやビタミンの補給、マッサージなどが有効です。

 

足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ!

足がつるサプリ人気ランキング>>

ページの先頭へ戻る