お役立ち情報

足がつるなら漢方薬が安心

足がつる理由

足がつる理由

足がつるには、さまざまな理由があります。カリウムやマグネシウムの不足、水分不足、肉体疲労、運動不足、運動し過ぎ、加齢などがあります。これらの理由がいくつか重複していることもあり、足がつる理由を見つけるのは意外と難しいとも言われています。その中で、足がつるという理由がまれに何らかの病気の症状として出て来ている場合もあるので注意が必要です。

足がつるのを治そう!

足がつることによって、夜中に起きる場合は睡眠不足、スポーツ時に起きる場合、外出時に起きる場合とそれぞれ起きやすい時間帯にも個人差があるようですが、あまりに頻繁に起こるようになると、日常生活に支障を来すこともあります。足がつることが多くなると、そればかりが気になってしまうというようにストレスになってしまう人もいるようです。

足がつることを治せば、睡眠不足もストレスも解消できるのですから、治さないことのメリットはありません。むしろ、治さないのはどうして?と思えるほどです。

漢方薬のすすめ

漢方薬のすすめ

最近は、漢方薬の市場が拡大して来ています。一般的な病院でも処方されることが多くなり、市販されている漢方薬をドラッグストアで購入することもできますし、それぞれの体調に合わせて漢方を調合からしてくれるような専門店もあります。私たちの生活には漢方薬が根付いています。

芍薬甘草湯

足がつる、ということを治すために漢方薬を飲むとすれば、多くの人に一番お勧めするのは芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)という漢方薬です。この漢方薬は、芍薬と甘草から成り立っており、足のつりを治すための漢方薬として知られています。

この漢方薬は、足のつり以外にも、疼痛に効果のあることで知られています。腰痛や腹痛、肩こり、生理痛にも効果のある漢方です。まさに万能な漢方薬ということもあり、人気があります。

ただし、漢方薬というものは体質を改善することが目的で即効性のある薬ではありません。そのため、安全性は高いのです。私たちがよく手にする薬の多くは即効性がありますが、それらの薬は化学的な成分でできているため。化学的な成分でできている薬のメリットは即効性があることや効き目が分かりやすいことですが、デメリットは副作用が出ることもあるということです。

芍薬甘草湯の効きめですが、足がつったときに飲むものはその多くが1時間以内に効果が出ると言われています。1時間となると結構な時間と思ってしまいますよね・・・足がつるという人も、数分で治まるという人も多いので果たしてそのような人にとっては意味があるのだろうか?とさえ思えて来ます。

漢方薬の入手先

漢方薬の入手先は主に3箇所あります。病院、ドラッグストア、漢方の専門店です。それぞれのメリットやデメリットもあるので見て行きましょう。

病院

健康保険が使える点が魅力です。また、足がつると思っていても、ほかの病気の可能性もありますから、病気が見つかることもあります。事前に症状がいつからどのように起きたのかメモをして答えられるようにしておきましょう。

ドラッグストア

ドラッグストア

ドラッグストアは、製薬会社の販売している漢方薬を購入することができます。薬剤師が在籍しているときに直接相談して購入することもできます。芍薬甘草湯であっても、販売している製薬会社も多く、錠剤から粉薬まで幅広いので自分に合ったものを選ぶことも可能です。

漢方の専門店

自分だけに調合された漢方薬を飲みたい、足がつること以外にも健康面で困っていることがあるというときには、漢方の専門店がいいでしょう。あまり数多く存在してはいませんが、ひとりひとりの体調に合わせた漢方薬を調合してくれます。いわゆるオリジナルの漢方薬です。

足がつるなら漢方薬が安心まとめ

足がつるときは、漢方薬である芍薬甘草湯が効果を発揮します。市販の薬にもこの漢方薬を使ったものが多いですし、実際に漢方薬としても販売されています。最近では、漢方薬の注目が高くなって来ており、病院でも処方するところが増えて来ました。錠剤や粉薬もあり、漢方薬も多くの人が飲みやすいように工夫がされています。子供でも飲めるものもあります。

漢方薬を飲むことでもちろん足のつりには時間はかかれど効果はあると思いますが、それと並行して水分補給やカリウムやマグネシウムの補給もしっかり行うようにしましょう。できるかぎりの改善策を同時に行うことがポイントです。

 

足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ!
足がつるサプリ人気ランキング>>

ページの先頭へ戻る